犬用車イス k9carts|お取り扱い商品|株式会社ユーメディック

株式会社ユーメディック

商品に関するご質問、各種資料請求、etc... 何でもお気軽にお問い合わせください。[営業時間]9:00~17:00[定休日]土・日曜日 0120-961-775 ※お電話でのお問い合わせ対応は平日9:00~18:00迄

●酸素ハウスレンタル価格改定のお知らせ

2022年11月1日からレンタル価格が改定となりました。
2022年10月31日までにレンタルを開始された方は2022年11月1日以降も従来通りの価格でご利用いただけます。
※2022年10月31日までにレンタルを開始された方で、返却後2022年11月1日以降に再度レンタルされる場合は改定後の価格でのご利用となります。
詳しい料金についてはこちらのページをご確認ください。

 

ワンちゃんネコちゃん用車イスK-9Cartsには、選んでいただきたい理由があります。

グローバルな視点からセレクト

車イスを取り扱うにあたり、米国、英国、そして国産の数多くの製品を実際に試しました。
デザイン性を重視したものやリーズナブルなものなど、日本でもいろいろな車イスが販売されるようになりました。
わたしたち「K-9Carts」販売店では、“ワンちゃん・ネコちゃんが使いやすく、快適な車イス”がベストだと信じています。

機能性(=ワンちゃん、ネコちゃんの使いやすさ)

「K-9Carts」は獣医師が開発した車イスです。快適に使用できるよう獣医師目線のこだわりがたくさんつまっています。※「K-9Carts」開発の創業者はペンシルバニア大学獣医学整形外科教授リンカーン・パークス氏。

簡便性(=飼い主様の使いやすさ)

「K-9Carts」は最小限のパーツを組み合わせたつくりになっています。装着は簡単で、ワンちゃん・ネコちゃんの体型に合わせて調節できます。

耐久性(=ワンちゃん、ネコちゃんの安全性)

「K-9Carts」はアルミニウムや強化プラスチックなどの軽量で頑丈な材質を利用して組み上げられています。ワンちゃん・ネコちゃんへの負担が少なく、頑丈で壊れにくい車イスです。

拡張性(=買い換えなしで長いお付き合いを)

後肢補助用の2輪タイプ(XS,S,MS,M,ML,L)と、四肢とも不自由または自力で立っていられない場合の4輪タイプがあります。後肢補助用にパーツを加えて四肢用に変更することも可能で、修理・交換もパーツごとに行えるため1台で末永くサポートすることができます。

  1. 1. 肢をサドルに入れる
  2. 2. ベルトをはめる
  3. 3. 脚を吊るす
  4. スリーステップで装着完了!

外でのお散歩を楽しめます

リハビリにも役立ちます

河原でも草むらでも走れます

前輪パーツ追加で2輪から4輪へ

「車イスは歩けなくなってから使う」だけのものではありません! 動物用車イスは人間の使う車イスと同じように、交通事故や脊椎疾患・脳障害などの神経疾患による麻痺、高齢で寝たきりになり筋肉が弱ってしまった場合など、自分の力で立って歩けなくなってしまった時に使います。

「突然歩けなくなった」「歩くとフラフラしている」「前足だけでズルズル進んでいる」こういった症状はどの子でも起こることがあります。このままの状態で無理に歩かせていると、症状が悪化してしまう危険性があります。

動物には、どうして自分が歩けなくなったのか理由が分かりません。思うように動くことができないということは、動物にとって大きなストレスになります。車イスを使用することで、足自体は動かなくても体を動かして自由に移動して、普段のように景色やにおいを感じ取ることができます。

歩行用のハーネスで吊り上げて歩かせたり、キャリーバッグやカートに入れて外に連れ出すという方法もありますが、車イスの最大のメリットはワンちゃん、ネコちゃん自身が自分の好きなところへ行けるということです。

車イスをリハビリに活用しよう! 車イスを装着すると、伸びたままになっていたり違う向きになった足を正しい位置に保つことができます。足が正しい位置にあることで、引きずりによる擦過傷の防止や動かなくなっている筋肉の回復、神経伝達の改善を期待できます。

従来、動物用車イスは歩行の回復が認められない場合の介護用具として使用されてきました。現在でもそのように考えている人は少なくありません。

しかし足を自発的に動かすことはできる子にとっても、車イスを補助的に使用することで自然に足の筋肉を使うようになるためリハビリとしても大きな成果が期待できるのです。まだ歩くことのできない人間の赤ちゃんが、歩行器で訓練を行うのと同じです。

車イスによるリハビリを続けて回復した例も多く、理学療法のひとつとして「カートセラピー」と呼ばれています。米国ではこのセラピーは、特に手術後のリハビリとして効果を発揮することで注目されています。

車イスの自作を考えている飼い主様へ 動物用車イスは、ほとんどが動物用車イス専門メーカーのオーダーメイドとなりますが、中にはご自分で車イスの製作を試みる方もいらっしゃいます。

しかし、もし体に合わないものを作ってしまうと、車イスと体の摩擦で傷や皮膚炎を起こすことがあります。また余分な可動域があったり体重に対して車イスが重すぎる場合、無理な動きをさせてしまい症状が悪化したり、タイヤが上手く回らず倒れてしまうなどの危険性もあります。

車イスの自作を考える時には、必ず獣医師とよく相談するようにしましょう。

また歩かせてあげるために ●段差のあるところや傾斜地では必ずリードを付けて、ひとりで歩かせないようにしてください。

●長時間乗せたままにしたり、歩かせすぎないように休憩を取り、排泄にも配慮してあげましょう。

●手術後に車イスを使用する時は、そのタイミングについて獣医師の指示に従ってください。

介護は一日で終わるものではありません。ご自宅でもできるマッサージや、お風呂の水中で足を動かすリハビリなどと並行して車イスを使用することで、ワンちゃん、ネコちゃんをサポートしてあげてください。

「K-9 Carts」は、整形外科専門の獣医師のアドバイスを取り入れて米国で開発された車イスです。全世界で約40年間、4万台以上利用され、その機能性・耐久性・簡便性によって支持されています。私たち「K-9 Carts」販売店は、歩行が困難なワンちゃん、ネコちゃんと、飼い主様の願いを叶えるお手伝いができると信じております。

ウォーカーブーツを併用しましょう K-9Cartsをご利用の際は大切なパートナーの足の保護のため、ウォーカーブーツまたはナックリングブーツの使用を推奨します。

写真左:ウォーカーブーツ
ウォーカーブーツはフローリング等の滑りやすい床での転倒防止に効果があります。

写真右:ナックリングブーツ
ナックリングブーツとは、ナックリング(足の甲を下にして歩く状態。足腰の弱くなってきたワンちゃんにみられる症状)により皮膚が傷付く事を保護する為のブーツで、足の甲側もゴムで保護するような形状になっています。

サイズ・採寸方法

サイズ選定の際は体重や犬種だけで判断せず、必ず採寸してからサイズを確定してください。
各サイズごとに数種類のパーツを用意しておりますので、サイズが合わない箇所だけパーツを付け替えることで最適なフィットの車イスをご提案出来ます。

  A.脇からお尻 B.胸周り C.床から股 D.肩幅
XS(2.5-7kg) 23-33cm 33-43cm 7-20cm 7-15cm
S(7-11kg) 30-40cm 40-50cm 8-22cm 13-18cm
MS(11-16kg) 35-45cm 45-55cm 12-40cm 15-20cm
M(16-21kg) 38-46cm 50-60cm 14-43cm 18-23cm
ML(21-30kg) 38-52cm 55-70cm 28-43cm 20-25cm
XL(30-46kg) 48-63cm 66-78cm 43-65cm 20-28cm

採寸方法

犬種やイラストはおおまかなイメージです。同じ犬種でも個体により前後2サイズ程度の差異が発生する場合がございます。ご購入の際は必ず採寸値を参考にしてください。

XS チワワ、ミニチュアダックス、トイプードル、ヨーキーなど

S パグ、ミニチュアシュナウザー、パピヨン、マルチーズなど

MS-M コーギー、フレンチブル、ビーグル、キャバリア、柴犬など

ML ダルメシアン、ボーダーコリー、ラブラドール、ゴールデンなど

L シェパード、ラブラドール、ゴールデン、バニーズなど

ご利用の前に

  • 段差のあるところや傾斜地では必ずリードを付けて、ひとりで歩かせないようにしてください。
  • 長時間乗せたままにしたり、歩かせすぎないように休憩を取り、排泄にも配慮してあげましょう。
  • 基本的に部屋の中では車イスを外して、ゆっくり休ませてあげることが大切です。
  • 手術後に車イスを使用する時は、そのタイミングについて獣医師の指示に従ってください。
  • 足の保護のためにリハビリ用のウォーカーブーツの使用を推奨いたします。
  • 獣医師先生の指示の下、飼い主様ご自身の判断でご利用ください。

レンタル料金短期間のご利用ならレンタルが断然おトク!

本当に効果があるか試してみたい。手術後のリハビリに短期間だけ利用したい。そんな方にはレンタルがオススメ!

A.基本料金

初回レンタル時には基本料金として5,500円を頂戴しております。
この料金には整備費、調整費などが含まれます。

B.搬入・搬出費

札幌市内及び近郊にお住まいで直接弊社スタッフが納品に伺う場合には搬入と搬出それぞれにかかります。有料道路使用または地域によって、料金が変わることがございますので、お問い合わせください。(札幌市内は3,300円)

C.発送費

発送でのご対応に関して、北海道内の場合、梱包発送費が3,300円となります。その他の地域に関しましてはお問い合わせください。

D.レンタル料

レンタル料金は2輪で200円~440円/日、4輪で275円~540円/日(サイズにより異なります)
お支払いは銀行振込のみ。月末締めの翌月10日までのお支払いをお願い致します。
※返却月のみ回収の際にその場で残額を清算して頂きます。

E.レンタル→買い取り

レンタル中の商品を買い取りされる場合はレンタルされた商品価格よりそれまでにお支払い頂いたレンタル料金を差し引いた金額でご提供します。

サイズ 基本料金 搬入/搬出費札幌市内及び近郊(小樽、岩見沢、苫小牧まで) 発送費左記以外の道内 レンタル料金(日額) 定価
2輪 4輪 2輪 4輪
XS(2.5-7kg) 5,500円(整備費、調整費) 3,300円

5,500円(搬入時と搬出時それぞれにかかります)
3,300円(返却時の送料はお客様負担となります) 200円 275円 82,500円 104,500円
S(7-11kg) 220円 340円 88,000円 121,000円
MS(11-16kg) 265円 375円 93,500円 132,000円
M(16-21kg) 320円 450円 104,500円 165,000円
ML(21-30kg) 410円 485円 121,000円 176,000円
L(30-46kg) 440円 540円 132,000円 192,500円

表示価格は税込です。上記料金は既製品ご利用時の価格となっております。
パーツの追加やカスタマイズが必要となる場合は別途お見積りでのご対応となります。

返却方法

ご返却の際はまず弊社まで電話連絡をして頂いたうえ、弊社営業時間内かつ3営業日以内の中からお客様の都合の良い時間をご指定頂きます。(レンタル料金の請求額はお電話を頂いた日で停止致します。)
お約束の日時に弊社スタッフが回収に伺います。お時間までに車イスを外し汚れた部分がある場合は清掃をお願い致します。(汚損・破損が酷い場合は修理代金を請求させて頂く場合がございます。)
発送でのご対応の方はレンタル終了のご連絡を頂いてから3日以内にご返送願います。(返送費用はお客様のご負担となります。元払いでお願い致します)


お申込みの方はこちら

適合サイズが分からない、採寸方法が分からない、etc... ご不明な点は何でもお気軽にお問い合わせ下さい。

Tel:0120-961-775 Mail:info@u-medic.jp Fax:011-820-7382